こんな事もするんです

今回の仕事は、普段の土木現場とは少し趣が違います。それは写真をご覧頂いたらお分かり頂けると思うのですが、町の中に見かけることのある、人工的な河川(主に雨水排水路)の法面の足場で、単管で仕上げる仕事です。一般の河川の法面で良く見かける、四角いコンクリのブロックを重ねる法面で、老朽化したそのブロックの上から、人工大理石で作った板を貼る為の足場を設置しています。人口の川とは言っても、常に水が流れているので、それを一旦迂回路を設けて、その間に設置していきます。これはある意味、時間(水)との戦いでもあるので、普段とは一味違う緊張感の中で仕事をしているのです。写真だけでうまく伝わってくれるかな・・・?