ベトナム視察に同行させていただきました。

打ち合わせと視察を兼ねてご来越のお客様にベトナムをより深く知っていただくために、休日にメコン川へ小旅行をしました。

メコン川ツアーでの主な出費

・12人乗りバンを貸切メコンへ移動 =バンの貸切代2,200, 000VND(高速代などは追加料金)

・メコン川観光スポット入場料(ガイド付き) =6人で1,430,000VND

・ツアーガイドチップ =100,000VND

・6人でギリギリ食べきれないくらいの食事 =1,425,000VND

合計 5,155, 000VND/6人

 

観光施設

特産のハチミツとローヤルゼリーを試食

川をボートで渡るとまずは、ハチミツティーのウェルカムドリンクが出されます。このハチミツはメコン川の中洲で収穫される特産品です。ナチュラル感がとても漂うハチミツですが、日本人には甘すぎます。お茶多めの注文をした方が良いでしょう。

続いてローヤルゼリーの試食もできます。これといって美味しいわけではありませんが、お土産や、転売目的に購入してもいいでしょう。

ちなみに、ハチミツもローヤルゼリーも売り子さんが試食をさせてくれるので気に入れば購入してもいいかも、、、

 

地元のフルーツを試食

ハチミツの後には場所を移動して地元のフルーツを試食させてくれます。

未熟のグァバ、ドラゴンフルーツ、ライチのような果物などいくつかの種類を味わえます。ここのフルーツを食べてお腹を壊したという人は聞いたことがないので安心して食べられるかと思います。

会場では楽団が様々な国の音楽をベトナム語にアレンジして演奏しています。終了後にはチップを求められますが、相場は100, 000VNDくらいです。

 

移動中には民芸品

フルーツから次の場所への通路では民芸品が売られています。

基本的にはベンタイン市場と大差はありません。眺める程度で十分でしょう。

 

蛇がいます

蛇といっても野生の蛇ではなくお客さん慣れした蛇です。現地人はあまり興味がない(怖い)らしいですが、観光気分の外国人は首に巻いて写真を撮ったりしています。

スタッフの代わりによく仕事をする動物がベトナムにはたくさんいます。

 

ボートで川下り

メコン川観光のメイン、手漕ぎのボートで川を下ります。

日本のラフティングのような感じではなく、ゆらゆらとマングローブ生い茂る小川を進んでいきます。

暑いですが、ここが南国を感じられるなかなかのポイントです。

川に落ちないように注意してください。

 

キャラメル工房

ココナッツを使った?と思われるキャラメル工房があります。出来立てのキャラメルは口の中で溶けますが、歯にかなりひっつくので要注意です。

ベトナムのお土産にこのキャラメルを買っていってもいいでしょう。

 

食事

食事処までもボートで移動します。ベトナムはバイクの渋滞もなかなかですが、ボートの渋滞もなかなかの物です。日本では考えられないくらいの距離でボートがすれ違っていきます。

肝心の食事の内容ですが、一般的なベトナム料理に加えて、メコン川の魚料理も体験することができます。なかなかのお味ですが、ホーチミンの魚に比べるとまあまあです。

あと、虫も食べることができます。虫というとゲテモノ的なイメージがありますが、魚介類の陸版とでも想像すれば問題ないでしょう。

同行したお客さんは涙目になっていましたが、メコンへいったのなら一度は口に入れてみてもいいかもしれません。

写真は少々グロテスクなので注意してください。

 

以上でメコンの旅は終了です。

帰りホーチミンまでは余裕を見て3時間程度見込んでおいたほうがいいでしょう。

半日のスケジュールですがかなり体力を消耗します。ホーチミンへ着いたらマッサージへ直行しましょう。

 

ベトナム視察は原田工業海外事業部へおまかせください。スケジュールとご予算にあった施設へ御案内致します。

建設業以外のお客様も大歓迎です。お問い合わせはこちらから