ECサイト制作でバッチリなサービス

今回はECサイト構築の案件が入ったためその準備の備忘録として更新します。

1、ECサイトには利用規約などの表示が必要

商品の売買は基本的に販売者と購入者の売買契約となります。

通常の買い物ではこれらの事項は省略されていますが、インターネットを介した商品の売買では昨今様々な問題が発生しているため、法律も厳格化されつつあります。

よほど特殊なEC(電子商取引)出ない限り健全な販売活動中に問題が起きることはほとんどありません。

しかし、いざという時のため、何かのために利用規約や会員規約などを準備公開し利用者に同意を得ておく必要があります。

今回はその一部である”利用規約””プライバシーポリシー””特定商取引法に基づく表示”作成時に便利なサービスを見つけたので紹介します。

2、規約作成に便利なサービス

サービス名は”EC規約作成サービス”。

そのままですがかなり重宝します。雛形の作成にはぴったりのサービスです。

サイトURL http://www.kiyaku.net/index.html

3、利用規約作成の流れ

規約の作成には

・会社名

・返品条件日数

専属的合意管轄裁判所

を入力します。

生成するボタンをクリックすれば、、、、文章とHTML式の2通りのサンプルが作成されます。

4、プライバシーポリシー作成の流れ

入力する項目は

・会社名

・住所

・担当部署

・メールアドレス

個人情報開示の手数料/1件

です。

生成するボタンをクリックすれば、、、、文章とHTML式の2通りのサンプルが作成されます。

5、特定商取引法に基づく表示の作成の手順

入力する項目は

・販売業者の名称

・運営責任者

・販売業者の住所

・販売業者の電話番号

・販売業者のメールアドレス

・商品代金以外に必要となる料金

送料

梱包料

代金引換手数料

システム利用料

そのほか

・代金の支払い方法

クレジットカード決済

代金引換

コンビニ

振込

そのほか

です。成するボタンをクリックすれば、、、、文章とHTML式の2通りのサンプルが作成されます。

 

まとめ

単純な機能ですがここまで実用性と即効性のあるサービスは初めてです。感動しました。

中でも利用規約>プライバシーポリシー>特定商取引法に基づく表示 の順に作成していくと、その前にすでに入力した情報が入っていること。

なんと利用者思いのサービスなのでしょうか?UX二重丸です。

ただひとつ気になる点が。法改正があった場合は再度プログラムを編集してくれるのでしょうか?

してくれるとしたら、永遠に使い続けられる優良サイト(サービス)だと感じています。