ベトナムで花木を買い揃える方法

ベトナムからこんにちは

りょう です。

お店の華やかさをプラスワンするために花木が必要。
花木を購入してきました。


ということで今回は、
ベトナムで安く備品を揃える方法を解説していきたいと思います。
備品を”自分の手で確かめてから購入したい”というチャレンジ精神とこだわり、バイクの免許さえあれば
あなたも歩くベトナム備品カタログになることができるはず。

umbrela

→→ベトナムではバイク移動がほとんどなのでカッパを多用します。傘のバリエーションは極端に少ない。


ステップ1 必要なものはベトナムに存在するか


ベトナムでは日本のように欲しいものがすぐに手に入るという考えは全く通用しません。
そもそもその商品やモノ自体が存在しないなんてこともしばしば。
ではどうするか?
答えは単純です。ベトナム人に聞く。知っていれば確実に手に入ります。
逆に知らなければお蔵入りもしくは帰国まで辛抱という選択肢のみが残されます。
すごく不便な国のような言い方をしていますが、それでもだいたいのものはあります。
見つかりにくいだけで。。
こればっかりは不可抗力(必要なものは輸入して販売してやるくらいの勢いがあれば別ですが)なので
やみくもにバイクやタクシーで街中を疾走するのは避けたほうがベター。
まずはじめにベトナム人に聞いてみましょう。
これ知ってる?と。

ちなみに、
今回私が欲しかったクリスマスツリーのように装飾ができる樹木
は自分の目で一度見たことがあったので次のステップへ。

この時点でベトナム人に知らないと言われたあなたは、
日本の家族や友人に電話してください。

day-planner

注意:ベトナムにはシステム手帳を見つけるのは困難です。日本で買っておきましょう。


ステップ2 何区の何通りへ行くべきか?


ベトナムでは区と通りごとにお店の種類が変わります。
例えば、バスタブ屋ばかりのバスタブ通り。
ウェディングドレス通り。花木店通り。文房具屋通り。コピー屋通り(A411,000ドン=5円くらい)。バイク修理屋通り。など。
目的に応じて向かい方角が変わります。
ベトナムに1年。この立地さえ覚えればだいぶ楽になります。
不必要なものを衝動買いする心配もなく、あちこちへ行って値段を見比べる必要もありません。
この点をしっかり下調べして買い物に行けば大幅な時間短縮になること間違いなし。

今回私は花木店が多いホーチミン市2区アンフー地区をターゲットに出かけました。

map_hcmc


ステップ3 外国人だという意識を忘れ去る


ベトナムの商店では値札は基本的に貼りません。
店員もしくはオーナーの言い値によって値段が変動します。
実際に今回行った花木店でも調査段階と購入段階では
120,000VND
100,000VNDという謎の割引がされていました。
ベトナム語を少し話す=相場を知っている=破格のぼったり価格を提示しない
という図式が成り立つと実感します。

現地の相場を知ること、言語を学んでみること
この2本さえあれば他の日本人パイオニアと差をつけられること間違いなしです。

肝心のブツがあるか聞くというシーンでは
写真を見せながら
”Cái này là cái gì”
カイナイ ラー カイジー
で確認。
値段を聞くシーンでは
”bao nhiêu tiền”
バオニュー ティエン
で確認。
これさえわかればあとは日本と同じ。
必要であれば買うor”ありがとうといって立ち去る。

a-poster-img-1-vietnamese

画像元:http://m.dinolingo.com/


まとめ


いかがでしょうか?
これが私の1年の買い物実習の成果です。

以上がベトナムで備品を確実に購入する最善ルートです!自信があります!

これを超える方法を知っているという人は
フォームよりコメントをお願いします。

vietnam2017_6069